TOP
 
 
Lot No. BR11554 / PEA-COAT “NAVAL CLOTHING FACTORY”
Lot No. BR11554 / PEA-COAT “NAVAL CLOTHING FACTORY”
Lot No. BR11554 / PEA-COAT “NAVAL CLOTHING FACTORY”
Lot No. BR11554 / PEA-COAT “NAVAL CLOTHING FACTORY”
Lot No. BR11554 / PEA-COAT “NAVAL CLOTHING FACTORY”
Lot No. BR11554 / PEA-COAT “NAVAL CLOTHING FACTORY”
Lot No. BR11554 / PEA-COAT “NAVAL CLOTHING FACTORY”
Lot No. BR11554 / PEA-COAT “NAVAL CLOTHING FACTORY”
Lot No. BR11554 / PEA-COAT “NAVAL CLOTHING FACTORY”
Lot No. BR11554 / PEA-COAT “NAVAL CLOTHING FACTORY”
Lot No. BR11554 / PEA-COAT “NAVAL CLOTHING FACTORY”
Lot No. BR11554 / PEA-COAT “NAVAL CLOTHING FACTORY”

Lot No. BR11554 / PEA-COAT “NAVAL CLOTHING FACTORY”

俗に“ピー・コート”と呼ばれるコートの原型は、18世紀には存在していたとも言われている。名称は、オランダ語の“Piijekker(ピーイエッケル)”を英語にした物で“Pii”が粗い毛織り物、“jekker”がジャケットから由来している。ヨーロッパ諸国でもピー・コート型のコートが幾つかの軍で採用されてきたが、今回のこのピー・コートは、アメリカ海軍が下士官用コートとして採用した1910年代のものである。1910年代のピー・コートの特徴は、高密度の分厚いメルトンウール素材を用いていることと、アメリカの国章を表す13個の星が彫刻されたアンカーボタンが付くことである。この13個の星は、1777年にアメリカが合衆国として独立した時の州の数が13であったことに由来している。アメリカ海軍がピー・コートを採用した正確な時期は不明だが、第一次大戦当時の服装規定には既に下士官用コートとしてオーバーコートが掲載されていた。襟が大型なのは海上で作業する際、襟を立てて顔を覆い、強風対策を十分に確保出来るよう設計されている。また、ポケットはスリット式のものが垂直に付けられているが、これは凍えた手を暖めるためのハンド・ウォーマーポケットである。1930年代以降になると生産性やコスト面が見直され、生地の軽量化が進み、13スターボタンも廃止される。

サイズ詳細
サイズ
Size
肩幅
Shoulder Width
身幅
Body Width
着丈
Body Length
袖丈
Sleeve Length
36(S) 45.0cm前後 48.5cm前後 74.0cm前後 61.0cm前後
38(M) 46.0cm前後 52.0cm前後 76.0cm前後 63.0cm前後
40(L) 47.0cm前後 54.0cm前後 80.0cm前後 65.0cm前後
42(XL) 48.0cm前後 57.5cm前後 82.5cm前後 66.0cm前後
44(XXL) 50.0cm前後 59.0cm前後 85.0cm前後 67.0cm前後


素材の特性や仕上げの方法によって、各所の寸法には若干の個体差が生じます。また、お使いの端末の設定や環境によって、商品の色が実際の色と多少異なる場合もございます。予めご了承ください。

#BUZZ RICKSON'S #JACKET #PEA COAT #U.S. NAVY
商品コード : BR11554
製造元 : BUZZ RICKSON'S
価格 : 58,300円(税込)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
color x size

36(S)38(M)40(L)42(XL)44(XXL)
01) NAVY